スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業務パッケージ・ソフトの導入に見るグローバル・スタンダードとクローズド・スタンダード。


会社や組織で業務パッケージ・ソフトを利用しているところは多いと思います。

業務パッケージ・ソフトは主に会計・経理や人事・給与などの業務で利用されているほか、
販売管理や購買管理でも利用されています。


このような業務パッケージ・ソフトには、ソフトの開発ベンダーが
グローバル・スタンダードのノウハウを盛り込んで開発していることが多く
実際、これらの業務パッケージ・ソフトを利用する利点として、
業務ノウハウを得られるということが挙げられます。


しかし、一方で日本の中小企業では業務自体がクローズド・スタンダード、
つまりその会社独自のビジネスモデルの場合が多いのも事実で、
これが重要な競争力の源泉になっていることも多い。


その場合に、もし業務パッケージ・ソフトを利用するとしても多くのカスタマイズが必要となるし、
また、カスタマイズでも対応できない場合もある。


業務の効率化やリスクの低減を目的として業務パッケージ・ソフトを導入することが多いが、
多くの場合、導入には、業務自体の見える化、や見直しを行うことが最も重要です。


その中で、現状の業務での非効率な部分を確認することも重要ですが、
自社の強みの部分を確認することも重要になります。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nextcentury

Author:nextcentury
大阪市中央区にある公認会計士が手がけるコンサルティング会社。
主に内部統制コンサルティングや財務デューデリジェンスの支援業務を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。