FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当たり前のことなんですが・・・

お盆休みも終わり、8月も終盤ですね。本当に暑いです(汗)

特別でもなんでもなく当たり前なのですが、「ISO31000:2009 リスクマネジメント 解説と適用ガイド」に
記載される5つの文言、私にと~っても当てはまるので、自戒の念もこめて・・・


ISO31000:2009リスクマネジメント解説と適用ガイド (Management System ISO SERIES)ISO31000:2009リスクマネジメント解説と適用ガイド (Management System ISO SERIES)
(2010/02)
リスクマネジメント規格活用検討会

商品詳細を見る



① 心の慣性力
人は、変化しないことに安定感をもちやすい。変化に対応するためにはエネルギーの必要性を感じてしまう。
その結果、変革への対応・実施が遅れる。

② くさび形認識
人は、少しずつ変化するものに対しては認識が鈍い。
問題発生の潜在的な可能性(ポテンシャル)のゆっくりとした増減にも気づきにくい。
変化への対応が遅れてしまう。その結果、大きな変化になってから気がついて慌ててしまい
検討不足の対処となる。あるいは、既に対応・適応が困難又は不可能な状況に遭遇する。

③ 根本的独創的解決努力の欠如
人は、行き詰まらないと、自主的・独創的あるいは地道な粘りを必要とする根本的な解決努力を避け、
早く結論の出る容易で物まね的な方法を選ぶ傾向ともなってしまう。
また、他者に合わせたり大勢に従っていると安心感を覚える。

④ 寄りかかり特性
人は、頼れると思われることがあるとそれに頼ってしまい、
自ら基本的・根本的な対応・方針の確立等をしなくなる傾向にある。

⑤ 忘却による繰り返し
人は、問題解決をした後、時間が経過すると、その問題と解決の重要性を忘れ、同じ問題を起こす。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nextcentury

Author:nextcentury
大阪市中央区にある公認会計士が手がけるコンサルティング会社。
主に内部統制コンサルティングや財務デューデリジェンスの支援業務を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。