スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最短の上場廃止

つい一昨日(平成22年6月19日)、㈱エフオーアイ(東証マザーズ)が上場廃止となりました。
http://www.tse.or.jp/news/07/100518_a.html
昨年の11月20日にマザーズに上場してから、わずか7ヶ月だけの上場です。

上場からの同社の流れを簡単にまとめると下記のようになります。


06211.jpg



同社は、上場時に申請した有価証券届出書に売上高を過大に計上するなどした虚偽の決算情報を記載し、100億円規模の粉飾決算があったとのことです。

ざっと有価証券届出書に載せられている連結財務諸表を見たのですが、なるほど、総資産に対して異常なほどの売掛金が計上されています。


06212.jpg



売掛金の回転期間は、平成21年3月期で実に22ヶ月です!

商事法務(№1901)の記事によりますと、
「二〇〇九年度中で二〇件に満たなかった上場案件の中で、エフオーアイは、いわゆる大手三大監査法人以外の監査法人が担当した唯一のIPO案件であった。それだけに今回の事件は中小監査法人にとっても大打撃であった。」
とのことでありまして、確かに中小監査法人にとってはイメージ的に大打撃でしょう(当該会社を監査した監査人は監査法人ですらなく、公認会計士共同事務所でした)。

ますますIPOが低迷することにならなければ良いのに、と思わざるを得ない悲しい事件です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nextcentury

Author:nextcentury
大阪市中央区にある公認会計士が手がけるコンサルティング会社。
主に内部統制コンサルティングや財務デューデリジェンスの支援業務を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。