FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の株主総会(2)

株主総会の議事進行方式は、大きく3つの方式があるそうです。
A. 個別審議方式
B. 一括審議方式
C. 決議事項先義方式



20100613.jpg



個別審議方式は概ね60%、一括審議方式は概ね30%と言うことです。

議案毎に上程・審議・採決を実施する個別審議方式は最も丁寧な方法と言えます。
一括審議方式は、従来は総会屋がよく来る会社が主として採用していたとのことですが
、議事進行が容易なため、最近は増加傾向にあると言うことです。

皆さんがご出席される総会は、どのような審議方式で進められるかを意識してみると、
また別の見方があるかも知れませんね。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nextcentury

Author:nextcentury
大阪市中央区にある公認会計士が手がけるコンサルティング会社。
主に内部統制コンサルティングや財務デューデリジェンスの支援業務を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。