FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「重要な欠陥あり」の方が良い?

ある弁護士の先生による、平成21年3月期内部統制報告書の分析結果があり、
その中で、次のような趣旨のコメントがありました。

「「重要な欠陥あり」とする意見を表明した会社の方が、
内部統制報告書の開示という観点では、適切かつ保守的な対応をしたと
評価できる場合がある」

というもので、これは、なるほどと感じました。

さらに、「実施基準に従いテクニカルに有効と評価できる場合でも
、財務報告に係る内部統制の整備・運用の全体的な状況又は実態を勘案した場合には、
その評価結果が裁判上、必ずしも支持されない可能性もある」と続き、
これは非常に重要なポイントであると考えさせられました。

個別具体的なポイントをクリアすれば、確かにJ-SOX的には「有効」という評価に至るケースは
結構多いような気がします。

しかしながら、個別の評価作業を積み上げることに加えて、
全体的、総合的に最終的な評価を行うという視点は欠かすことができないものであり、
これは、単に訴訟対策ということではなく、制度本来の趣旨にも適っているとも思われます。

3月決算会社では、すでに制度2年目に突入していますが、
今から振り返ってみると初年度に「重要な欠陥あり」とした方が良かったという会社が、
意外に多かったりするのかもしれません。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nextcentury

Author:nextcentury
大阪市中央区にある公認会計士が手がけるコンサルティング会社。
主に内部統制コンサルティングや財務デューデリジェンスの支援業務を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。