スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経理業務を如何にコストダウンするか? (その10)

NC大西です。

またアップをサボってしまいました。。。
忙しくなって余裕が無くなっておりました。すみませんm(u_u)m

さて久しぶりの「経理業務を如何にコストダウンするか?」の10回目です。
仕訳作成をIT化するデメリットについて考えていきます。

デメリットはいくつか上げることが出来ますが、代表的なものとしては次のものがあります。

1. コストがかかる
2. ビジネスの要件を定義しないといけない
3. 知識を要する

コストですが、これは導入時のコスト(イニシャル・コスト)と運用時のコスト(ランニング・コスト)に分けられますよね。

ビジネスの要件の定義、これが結構厄介です。
IT化は、現在の業務を合理化することが目的ですが、これをちゃんとしないとせっかくお金をかけてITシステムを導入したのに使えないものになってしまって、泣くに泣けないと言うことがよくあります。
ベンダーに丸投げなど問題外で、自社で現状の業務フローをきちんと把握して絵に描いた上で、どこをITに肩代わりさせるのか?は、意外に難しい問題です。
ERPならば、業務フローそのものが変わってしまいますが、必要とされるアウトプットが実は出てこないみたいな話になると、悲惨です。
導入したは良いが、結局業務が煩雑になったので追加的にコストをかけてカスタマイズしなければ使えない、といった会社をよく見かけます。。。

コストを出来るだけ低く、またビジネスの要件にマッチするITを実現させるには、やはりそれ相応の知識が必要になってきます。
これが中小企業にとって、一番のハードルかもしれませんね。

次回は、経理業務を合理化するにはどこに焦点を合わせるか?について書きます。

NCロゴ小
専門家集団 ㈱NEXT CENTURY

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nextcentury

Author:nextcentury
大阪市中央区にある公認会計士が手がけるコンサルティング会社。
主に内部統制コンサルティングや財務デューデリジェンスの支援業務を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。