FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経理業務を如何にコストダウンするか? (その7)

こんにちは、NC大西です。

「経理業務を如何にコストダウンするか?」の7回目です。
仕訳作成をIT化するメリットの続きです。

4.コストダウン
仕訳の作成(入力を含む)とそのチェック作業の時間が大幅に減少するので、少ない人員で経理業務が回っていきます。
一般的に固定費だと思われている人件費が相対的に低下するのです。

例えば、あなたの会社で雇用している経理担当者の人件費は、200,000円/月であったとしましょう。
これは毎月支払わなければならないものですから、動かしがたい固定費だと思われるのももっともなことです。
1ヵ月を20営業日だとして、1日8時間労働だとすると、1ヵ月の仕事が可能な総労働時間は160時間になります。
従って、労働時間と時給と言う概念で考えてみると、次の式が成立します。

200,000円 = @1,250円/h × 160h

総労働時間が一定だとすると、人件費をカットしなければ時給も下がらないので、この式ではあまり意味がありませんね。

ここで視点を変えてみましょう。
総労働時間ではなくて、こなせる仕事の量で考えるのです。
例えば、この経理担当者が1ヵ月に出来る仕事の量は1単位だけだとすると、先の関係式は次のようになります。

200,000円 = @200,000円/単位 × 1単位

仮に4単位の仕事を1ヵ月でこなそうとすると、1単位の仕事しかできない人を雇えないとするならば、4人も雇わなければなりません。
従って、かけなければならない人件費は、

800,000円 = @200,000円/単位 × 4単位

これでは人件費ばかりかかってしまいますよね?

それではどうするのか?

それは次回でお話しいたします(^_^)

NCロゴ小
みんな元気で! NEXT CENTURY
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nextcentury

Author:nextcentury
大阪市中央区にある公認会計士が手がけるコンサルティング会社。
主に内部統制コンサルティングや財務デューデリジェンスの支援業務を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。