FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経理業務を如何にコストダウンするか? (その4)

こんにちは、NC大西です。
「経理業務を如何にコストダウンするか?」の4回目です。

ヒトが仕訳を作成する問題点は大きく3つあると考えます。
1. まちがう
2. チェックに時間がかかる
3. 品質が一定にならない

【まちがう】
仕訳にはいくつかの構成要素があります。
① 日付
② 借方科目
③ 貸方科目
④ 補助科目
⑤ 金額
⑥ 消費税区分
⑦ 摘要
などが一般的ではないでしょうか?
①~⑦のどれもが正確に作成されなければなりません。
また、同じ仕訳が重複してもいけませんし、漏れることも許されません。

【チェックに時間がかかる】
仕訳の作成を正確に・重複なく・漏れなく実施しようとすると、どうしても一次情報であるエビデンスと照合しなければなりませんよね。
これにかかる時間は、結構バカになりません。

【品質が一定にならない】
意外にこれも重要な問題です。
経理能力の高低によって結構バラつきが出てきます。また、ベテランの方でも同じ取引でも微妙に摘要や科目が変わったりして、後で検索するときに苦労したりします。

それでは、また明日(^^)

NCロゴ小
みんな元気で! NEXT CENTURY

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nextcentury

Author:nextcentury
大阪市中央区にある公認会計士が手がけるコンサルティング会社。
主に内部統制コンサルティングや財務デューデリジェンスの支援業務を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。