スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経理業務を如何にコストダウンするか? (その1)

こんにちは、NC大西です。

お正月にご挨拶はさせて頂いきましたが、「まともにブログを書くの何時以来かな?」と言うぐらいサボってしまいました。

どうもすみませんm(_ _)m

さて、今回は「経理業務を如何にコストダウンするか?」というお題に挑戦したいと思います。

一口に経理業務と言っても、いろいろな見方がありますよね?
まず、どこまでを経理業務と言うのか?と言うことを決めてから議論を進めていきます。

一般的に業務は、次のような関係であらわすことが出来ます。

input → 処理 → output

何か(インプット)を基にガラガラポン(処理)して、別の何か(アウトプット)を作るってイメージです。

これを経理業務に当てはめますと、まずアウトプットは何でしょうか?
ここでは狭い意味での経理業務と考え、月次試算表(月次貸借対照表、月次損益計算書)とします。
なぜ月次試算表をアウトプットと考えるか?ですが、日常の経理業務のコストダウンを考えて行きたいからです。

アウトプットを月次試算表とすると、自ずとインプットは証憑や各種帳票(預金の入出金明細、売掛金管理表や買掛金管理表等)になります。

それでは、処理は何になるでしょうか?

答えは明日(^^)/

NCロゴ小
株式会社 NEXT CENTURY
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nextcentury

Author:nextcentury
大阪市中央区にある公認会計士が手がけるコンサルティング会社。
主に内部統制コンサルティングや財務デューデリジェンスの支援業務を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。