FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOYAの決算短信を読んで思うこと

こんにちは、NC大西です。

一昨日に、HOYA株式会社の決算短信(IFRS)が公表されていますね。
ご案内のとおり国内第2番目のIFRS任意適用会社ですが、第1号だった日本電波工業株式会社と大きく相違するのは、2010年3月期を初度適用として「国際財務報告基準(IFRS)に基づく連結財務諸表及び独立監査人の監査報告書」を昨年の12月に公表していることです。
初度適用に関する開示の公表はHOYA株式会社が第1号ということで、非常に参考になります。

リリースされた決算短信を読んでいて個人的に思ったことが2つ。

1つ目は、監査法人(監査人は有限責任監査法人トーマツ)が準拠する監査基準についてです。
決算短信そのものは監査対象ではないので良いのでしょうが、有価証券報告書に添付される監査報告書に興味があります。
平成22年3月期の国際財務報告基準(IFRS)に基づく連結財務諸表に対しての意見表明あたって準拠した監査基準は、国際監査基準となっています。
今年度(平成23年3月期)は、当然に「我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った」(つまり日本の監査基準に準拠した)となると思うですが(日本電波工業の平成22年3月期の監査報告書もそうでした)、この関係をどう考えたら良いのでしょうか?

2つ目は、2.経営方針(短信の5ページ)の一番最後の記述です。

「当社はこれまでも、全社をあげて省エネをはじめとする環境保全に取り組んでまいりましたが、東日本大震災を契機として要求が高まっている使用電力削減の要請に対して、社会の一員として積極的に取り組んでまいります。また、リスク分散の観点から、従来より進めてまいりました製品製造拠点の分散化、及び海外移転等の課題につきましても早急に対処してまいります。」

トヨタの決算発表でも思いましたが、東日本大震災は、グローバルに展開する企業が生産の海外移転を急加速する契機のように思われます。

ますます日本の景気が悪化していくんだろうなぁ・・・

NCロゴ小
株式会社NEXT CENTURY



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nextcentury

Author:nextcentury
大阪市中央区にある公認会計士が手がけるコンサルティング会社。
主に内部統制コンサルティングや財務デューデリジェンスの支援業務を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。