FC2ブログ

企業財務会計士(その2)

金融庁から、1月21日に実施された第10回公認会計士制度に関する懇談会の議事録がリリースされています。
第10回公認会計士制度に関する懇談会議事録

この懇談会は、
① 公認会計士試験の待機合格者の問題解決
② 企業の会計レベルの向上(会計専門家の活用)
を図るために実施されていると言うことです。

そこで、試験制度をいじること(短答式試験の合格及び論文式試験の科目合格の有効期間の見直しなど)と、「企業財務会計士」という新たな資格を創設するということで①と②を達成しようということみたいですね。

企業財務会計士は、公認会計士の資格を取得すると、企業財務会計士という資格そのものの登録を抹消して、公認会計士登録となるようで、何か昔の会計士補と殆どイメージが同じような気が・・・
平成25年の試験から実施したいとのことですが、それまでに生じている待機合格者は(ほぼ)自動的に企業財務会計士として登録することになるようです。

会計の専門家の活用ということで、上場企業に対して、公認会計士・企業財務会計士その他の会計の専門家の活用等の促進及びその状況の開示に関する規定を金融商品取引法上で創設したいとのこと。

資格試験合格者を減らしたら、①の待機合格者の問題はなくなるし、②については各企業がそれぞれ考えれば良いことなので、企業財務会計士を雇ってるよというような開示を要求するって変だと思うのですが。
そんな資格がなくたって、上場会社にお勤めの経理の方々は皆さん優秀ですよね(監査でお邪魔する会計士の方が余程使えないということも多々ありますorz)。

NCロゴ小
株式会社NEXT CENTURY

プロフィール

nextcentury

Author:nextcentury
大阪市中央区にある公認会計士が手がけるコンサルティング会社。
主に内部統制コンサルティングや財務デューデリジェンスの支援業務を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク