スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経産業新聞

本日の日経産業新聞にて、弊社取締役の玉山慶幸の広告を掲載しております。
こちらは弊社業務と並行しての個人的な業務の受付をしております。

また違う形で皆様のお役に立てることがありましたら、こちらまでお申し付け下さい。
スポンサーサイト

グリルABC

松屋町筋と内平野町がクロスする交差点南西角にある洋食屋グリルABC。

ここの名物は、何といっても中華そば。
ん?中華そば・・・と思うこと無かれ。
私がここで何が良いといわれたら、断然中華そば(400円なり)をお勧めします。
食べログでレビューを書いている方々は、少し理解が足りないように思います。
http://r.tabelog.com/osaka/A2701/A270104/27002970/

来店するだいたい7割の人は中華そばを注文するのではないでしょうか?
中華そばとオムライス(550円なり)など、セットで注文するのが一般的なスタイル。

洋食屋さんで中華そばが一番人気とは、かなりの違和感があるのは確か。
でも、それでも良いのです。

そのグリルABC。
なんと開業60周年と言うことで、粗品をいただくとともに、50円引きの感謝セールがされていました。

CA3A0102.jpg


60年も続く老舗の洋食屋。
すばらしいですね。

NCロゴ小
http://www.next-century.co.jp/

落し物の取り扱い部署は会計課?(続き)

大阪府警のHPを調べていると、大阪府警に届けられた落し物がネットで調べられることに気がつきました。
落し物公開情報

遺失物法が改正され、平成19年12月10日よりネットで調べられるようになっていたんですね。全然知りませんでした。
遺失物法の改正について

ちなみに都道府県別のリンクページはここです。
都道府県警察における遺失物の公表ページ

私の落し物を分類コード表の「名刺入れ」にして日付の範囲を指定して検索しますと、警察署の会計課が教えてくれた番号のものがありました(日付が受取前の日でまだ更新されていなかったため)。

知っているのと知らないのとでは大違いです。
こういったものは地域の回覧板とかで教えてくれたらよいのに、と思いました(ひょっとして、実は廻ってきたのかなぁ・・・)。


NCロゴ小

http://www.next-century.co.jp/

落し物の取り扱い部署は会計課?

名刺入れが落し物として届けられたと、天満警察署から連絡がありました。
連絡してくれたのは、会計課の方・・・

ん、会計課?

早速受け取りに天満警察署へ行くと、落し物の窓口は会計課だと言われ、そちらの方へ。
手続を済ませてから、窓口の職員に、他の警察署に行っても落し物の取り扱いは会計課ですかと質問したら、そうだと仰いました。

会計専門職の私としては、会計課が落し物の取り扱いをしていることに違和感があり、かつ、興味が出てきたので大阪府警のHPを調べてみました。すると・・・
大阪府警

なんと、警察署の会計課(係)の主な仕事は、
「会計事務、落とし物・拾得物の取扱いなど」
と記載されていました。

会計事務の他に、落し物係りを兼務していたんですねぇ・・・


http://www.next-century.co.jp/

火がぼうぼうの「楽しい理科実験教室」

先週の土曜日、財団法人堺市科学教育振興会が開催している「楽しい理科実験教室」に小学4年の息子と2人で参加してきました。

コラムの写真_20101122


堺市の広報誌で見つけて初めて参加したのですが、今回実験させていただいたのは
① エチルアルコールの爆発
② でんぷん爆発
③ ポリ袋の熱気球
④ 壊れ難いシャボン玉
の4つでした。
(写真は、ガスバーナーを使ったでんぷん爆発の模擬実演)

もう、火がぼうぼうの実験でして、親である私の方が興奮したかも知れません・・・

アルコール爆発では、ペットボトルを使用したロケットの実験でしたが、アルコールがなかなか気化せず苦労したもののその勢いは凄まじいもので、子供達はびびりまくり!

熱気球は、ゴミ袋(ポリ袋)の4隅にエナメル線を貼り付けゴンドラを接続。ゴンドラはカップケーキ用のアルミ箔です。
アルミ箔のゴンドラに脱脂綿を敷いてそこにエチルアルコールを染み込ませて火をつけるのですが、アルコールを入れ過ぎてゴンドラが床に燃え落ちたりして大騒ぎ!!!
再挑戦して浮かび上がらせるときは、子供そっちのけになってしまいました・・・

でんぷん爆発は、ロートに入れた小麦粉を、ロートに繋いだゴム管から息を思い切り吹いて舞い上がらせ、これを蝋燭の火で点火!
予めかぶせたゴミ袋の中で爆発させ、ゴミ袋を舞い上がらせると言う実験でした。
火炎放射器のように焔が舞い上がり、小麦粉だけに焦げた良い匂いが漂います(もちろん、ゴミ袋は焦げ焦げで溶けてしまいます)。

最後のシャボン玉を除いて、これでもかと言うくらい火を燃やしました。
西暦2000年前後生まれの子供達には滅多にない経験だったことと思います。

一人たった300円(子供のみ)でこの内容!!
大満足でした。


NCロゴ小

http://www.next-century.co.jp/
プロフィール

nextcentury

Author:nextcentury
大阪市中央区にある公認会計士が手がけるコンサルティング会社。
主に内部統制コンサルティングや財務デューデリジェンスの支援業務を行っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。